HOME > 新技術

新技術

自社開発技術の特徴

マグネシウム合金展伸材の板金加工に成功

試作品の一例

業務用カメラの外観

全てマグネシウムの板より簡易型にて加工

業務用カメラの内部

全てマグネシウムの板より加工。簡易型は不要

   

マグネシウムは他の金属より軽くリサイクルが100%出来る特長を有している。

しかしながら従来「マグネシウム板」は塑性加工が困難なためダイカストを代表する鋳造が主でした。

今回の出展は「マグネシウム板」の曲げや絞り加工に於いて亀裂・破断を生じさせず自由自在に塑性加工が出来る板金加工技術に成功しました。

加熱と加圧力と加圧速度の複合関係の組み合わせによる長年の実験と実績により、多量のデータを収集できました。

この豊富で貴重なデータと新しいサーボ機構を有する設備を駆使することで、塑性加工が困難であったマグネシウムの板金加工を可能にしました。

絞り形状は簡易型で絞り、その他は既存の金型を工夫してサーボプレスにて曲げました。
マグネシウムを加工するのための一般的な高価な金型は不要です。

加工技術の検証 1 , 2  を東北大学にて確認していただきました。

マグネシウムの優れた特徴←クリック (マグネシウム協会HP)

その他こんなことだって 1